水虫には色々な剤型や強さの薬があり病院利用が有効

このエントリーをはてなブックマークに追加

医療機関で確実に治療

ドクターとナース

病には、人には見えない部位に症状を抱えて悩んでいる人がいます。その中でもあまり知られていないのが巻き爪です。巻き爪は体質でもなりやすい人がいますが、主な原因として深爪をよくする人やヒールなどで合わないサイズを履き続けた人で発症することがあります。その他では外傷などがあります。いずれも爪付近に強い圧力や刺激が与えられ続けた結果起こるため、なるべく予防しないといけません。東京でも巻き爪で悩んでいる人は多いので、その場合適切な治療を受ける必要があります。巻き爪の治療法としては主に2つの方法が効果的とされています。東京の病院やクリニックが行なっているのもこの方法です。インターネットサイトなどでは、自分でできるテーピング法も紹介されていますが、確実に治療する場合は専門の医療機関を利用しましょう。治療方法の1つ目としてフェノール方があります。これは巻き爪を起こしている内側に巻いた爪を切り、爪が生えてくる根っこの方にフェノール薬剤を塗ります。こうすることで再度内側に巻いてしまう爪が生えるのを抑えることができます。手術は10分程度で終了するので、東京での術後はすぐ帰宅することができます。回復も早いので、半月ほどして普通に運動することもできます。もう一つの治療方法はワイヤー法と呼ばれるものです。これは内側に巻こうとする爪に矯正ワイヤーを使い引っ張り上げ、時間を掛けて治していくものです。処置自体は30分ほどで終了し痛みも軽減するのがメリットです。東京で治療を受け、当日からスポーツや入浴も可能です。

Copyright © 2016 水虫には色々な剤型や強さの薬があり病院利用が有効 All Rights Reserved.